アメリカの交換留学について|アメリカ高校留学World

アメリカ高校留学

アメリカへの交換留学や正規卒業留学など高校留学プログラムを各種案内

1年間限定の国際交流プログラム。ボランティアホームステイ滞在で安価に留学!

交換留学とは海外の高校で単位の取得を目的とする留学ではなく、国際交流、文化交流を目的とした1年までの留学プログラムです。基本的には交換留学に関わる学校、ホームステイ、サポーターなどがボランティアとして実施されており、リーズナブルな費用で長期海外留学ができるということで、毎年たくさんの高校生が参加をしています。

国際交流、文化交流が主目的となりますので、留学生や日本人の少ない学校に留学するのが一般的で、日本語から完全に離れた生活を送ることができるので飛躍的に英語力を身に付けることができます。もちろん、日本語が使えないというプレッシャーも ありますので、心身ともに健康で、チャレンジ精神が旺盛な生徒の参加が好ましいと言えるでしょう。

参加にあたっては、一定以上の成績と英語力が求められ、試験や英語力インタビューも必要となります。誰でも参加できるプログラムではありませんが、1年、2年と長期に渡りしっかり準備をすれば参加できる可能性は十分あります。

PAGE TOP

アメリカ交換留学プログラムの特徴

交換留学プログラムの特徴

  1. 1
    アメリカの公立高校で1年(または半年)留学が可能
  2. 2
    安価な費用で留学ができる
  1. 3
    滞在はボランティアで受入のホストファミリーとのホームステイ
  2. 4
    参加には一定レベルの成績(評定平均3.5)と英語力(英検2級程度)が必要

交換留学プログラムのデメリット

  1. 1
    1年以内限定のプログラムのため卒業はできない
  2. 2
    州の指定までは可能だが地域、学校は選択できない
  1. 3
    一定レベル以上の成績と英語力がなければ参加できない
  2. 4
    ホームステイ先がボランティアのためより強く家族の一員としての認識が必要

PAGE TOP

留学中のサポート

当センターの交換留学プログラムは日本とアメリカだけでなく、世界規模で展開されている教育ネットワークで、毎年、世界57ヶ国より3,000名の交換留学生が参加しています。それらの生徒をサポートするため、全米44都市に現地サポートオフィスがあり、通学する学校が決まるとホームステイ先のホストファミリーだけでなく、地域委員が選任され、ファミリーや当社と協力し、生徒をしっかりサポート致します。海外留学中のサポート面に不安のある親御様も安心してお任せ頂けます。

PAGE TOP

ホームステイについて

  • ホームステイ
  • 滞在先となるホームステイは、ボランティアで、金銭的な見返りは一切受け取っていません。 ホームステイ先の家庭的背景の確認は徹底して行われており、ファミリーへのオリエンテーションや面接を通じて、その家庭が本当に生徒をホームステイさせるのに適しているのかということをしっかり確認して選定されています。 ホストファミリーは地域委員とは密接に連携し、学校の入学手続からアメリカの生活に対処できるようにアドバイスを行い、また留学中に生じる課題やトラブルについてもサポートしてくれます。 ホストファミリーは、第二の家族としてあなたをいつも助けてくれますので、あなたも家族の一員としての関係を築くことを心がけましょう!

    ただ、家族の一員としての生活ですので、生活の中で、家事や育児、そして自営業(農業・ファームなど)のお手伝いをしなければならない場合もあります。

    また、アメリカの文化には、週末に教会へ行く習慣があります。異文化学習の一環として、教会参拝へも参加が必要です。日々、ファミリーとできるだけ多くの時間を過ごすことを心掛けてください。

PAGE TOP

費用と参加資格

[留学費用]
1年留学 1,520,000円
学期留学 1,490,000円

○費用に含まれるもの○
・ 授業料
・ ホームステイ(朝夕食付)
・ ビザ申請料
・ SEVIS管理費
・ ビザ申請代行料
・ 現地の医療保険
・ 出発準備のご案内(お金、手続、保険、航空券、銀行、荷物など)
・ 出発前オリエンテーション
・ 到着時確認とホームステイ先へのご挨拶
・ 現地滞在中の24時間サポート
・ 留学中の各種相談(本人、保護者含め)
・ 成績レポートの翻訳・送付
・ 進学相談(帰国後の進路、海外での進学など。)

○留学費用に含まれないもの○
・ 往復航空券 (※当センターお手配の2016年-2017年実績 往復平均207,000 円)
・ 海外留学生保険(任意保険)
・ お小遣いなど個人的な支出

[参加資格]
交換留学に参加するには英語でのある程度の意思疎通の能力はもちろんですが、それ以上に自立した生活をしっかりと送れるということが重要です。

・自立心のある15歳~18歳までの生徒
・英語学習経歴が3年以上で、英語力(ELTiSスコア215点以上)があること
  ※当センターにてELTiSテスト受験可(最大6回まで)
・過去2年間の成績が平均3.5程度(3.0以上から考慮可)
・言葉の通じない環境での生活でも頑張れる忍耐力のある生徒
・文化的、人種的、宗教的な偏見なく、誰とでも交流ができる生徒
・滞在中に困ったことや質問があれば自ら進んで相談ができる生徒

PAGE TOP

地域/州、公立/私立の選択について

当センターでは交換留学先の地域や州の選択、そして公立高校、私立高校の選択が追加費用にて可能となっております。

アメリカ全土のうち、東、南、中央、西のエリアを選ぶ  追加費用:55,000円
州の指定をする (※但し、ユタ州、ハワイ州は指定不可)
追加費用:109,000円(カリフォルニア州)
     96,000円(フロリダ州)
     78,000円(その他の州)

[私立高校の選択]
公立高校は不安だけど交換留学をさせたいという親御様には私立高校への交換留学もお手配を行っております。但し、私立高校への交換留学は費用負担が最低2000ドル以上必要となります。公立高校より少し割高となりますがご希望の際はご相談下さい。

PAGE TOP

出発までの流れ

STEP 1
無料カウンセリング
まずは当留学センターの無料カウンセリングや説明会にご参加頂き、ELTiSテストを受験下さい。
無料カウンセリングにて他のプログラムとの違いや生徒のアメリカ交換留学プログラムの 参加に関する適性をご案内させて頂きます。疑問点がなくなったらお申込下さい。
STEP 2
お申込手続
テストに合格しましたらお申込手続を頂きます。
[お申込書類]
・パスポートコピー(顔写真のあるページ)
・過去2年間の英文成績証明書
・英語力の証明 ※ない方は当センターにてテスト致します。
・お申込金270,000 円 (プログラム料金の一部に充当します。)
STEP 3
希望の州の選定
留学先となるご希望の州を選定致します。選定に際しては以下の情報を当センターよりご提供致します。
なお、当プログラムでは希望の学校を選択することは基本的にできません。但し、生徒の英語力が高い場合、選択ができる場合があります。
・都市
・人口
・生徒数
・生徒と教師の比率
・入学/修了日
・ESLの有無
・APやIBコースについて
・卒業の可否
・コミュニティの情報
・学校区の情報
STEP 4
願書提出
願書提出のご準備を致します。
必要書類は英文成績証明書や推薦状、医師からの健康診断などがございますので一つずつご案内させて頂きます。
入学手続の一切は当センターにて行いますのでご安心下さい。願書の過程で英語インタビューがある場合があります。
STEP 5
ホームステイや学校区(学校)の決定
願書を提出しますと学校区や学校、そして受け入れ先のホストファミリーが決定します。決定までの期間は個人差がありますが早ければ2週間~となります。 受け入れ先が決まりましたら費用のご請求をさせて頂き、ビザ申請のご準備を行います。なお、お申込の時期や学校やホストファミリーの決定のタイミングによってはビザ申請が先に行われる場合があります。
STEP 6
ビザ申請
費用の支払いをしますと入学許可書が発行されます。入学許可書が発行されましたらビザ申請書類を整えて、アメリカ大使館/領事館での面接となります。面接に際しての書類準備、面接の諸注意等は当センターにて行いますのでご安心下さい。
STEP 7
出発前のオリエンテーション
最終書類をお渡しいたしますので、出発前のオリエンテーションをさせて頂きます。(ご来店、お電話、スカイプにて)

PAGE TOP

お申込期限

お申込期限

毎年3月31日前後

PAGE TOP