アメリカ高校留学の費用について|アメリカ高校留学World

アメリカ高校留学

アメリカへの交換留学や正規卒業留学など高校留学プログラムを各種案内

アメリカの高校正規留学の予算

留学をするにあたり重要なポイントは費用面ではないでしょうか?アメリカ留学は他の国よりも大きな費用がかかると言われていますが、実はその情報は正しくありません。アメリカ留学でも他の国より費用が安いプログラムが存在します。目的やご予算に応じて学校選びをしっかり行い、賢い留学をしましょう。

アメリカでの高校留学は交換留学、公立高校、私立高校、ボーディングスクールの4タイプに分かれておりそれぞれ必要な予算が異なります。 最も費用が安いのは交換留学となり年間約152万円です。但し、ビザの期限が1年間なので卒業を目指すことはできません。

卒業留学を目指す場合、最も費用を抑えられるのは無償ホームステイと私立高校への留学を組み合わせたDASHプログラムです。公立高校への正規留学は1年間で約250万円~約450万円(地域により異なる。為替レートにより変動)となります。 私立高校への留学は、年間250万円~500万円、ボーディングスクールへの留学で年間400万円~700万円程度となります。

種類 学校形態 期 間 滞在方法 学校選び 予算 英語力
交換留学 公立 1年 HS(無償) 地域・州のみ可 3~4
交換留学 私立 1年 HS(無償) 地域・州のみ可 3~4
正規留学 公立 1年 HS(有償) 学区指定可 2~3 1~4
正規留学 私立 卒業まで HS・寮(有償) 学校指定可 2~5 1~5
正規留学 私立 卒業まで HS(無償) 指定不可 3~4

※予算は、1が低く、5が最も高い数字となります。目安は、1=~150万円、2=~250万円、3=~400万円、4=~500万円、5=500万円以上を目安としてお考え下さい。
※英語力は、1が低く、5が最も高い数字となります。目安は、1=不問、2=~英検準2級程度、3=~英検2級程度、4=~英検準1級、5=英検準1級以上を目安としてお考え下さい。

PAGE TOP

交換留学

交換留学には留学期間によって「1年留学」と「学期留学」の2つがあり、1年留学ですと¥1,520,000、学期留学ですと¥1,490,000が2017-2018年度の費用となります。(年度や為替の上下により変動する場合があります。)
交換留学は、ホームステイ先がボランティアが基本で、留学費用を安く抑えることができるというメリットがあります。但し、学校の指定ができない、1年以上の留学ができないなど制約もございますので注意が必要です。

また参加にあたっては英語力のテスト受験が必須となり、スコアをクリアできないと留学することができません。

費用に含まれるもの

・授業料
・ホームステイ代(朝夕食付)
・往復航空券
・ビザ申請料
・SEVIS管理料
・ビザ申請代行料
・現地の医療保険
・出発準備のご案内
・出発前オリエンテーション
・到着時確認とホームステイ先へのご挨拶
・現地滞在中の24時間サポート
・留学中の各種相談(本人、保護者)
・成績レポートの翻訳と送付
・進学相談(帰国後の進路など)

費用にふくまれないもの

・海外留学生保険(任意保険)
・お小遣いなど個人的な支出

PAGE TOP

公立高校留学

公立高校留学は、留学先の学区により費用が異なります。2017-2018年度の費用で最も安い学区の費用は約230万円、最も高い学区の費用は約480万円となります。都心に近い学区や、人気の学区(カリフォルニア州、マサチューセッツ州など)は費用が高くなり、郊外や田舎の学区は費用が安くなります。

私立高校やボーディングスクールと比較すると全体的に費用を抑えて卒業留学ができますが、私立高校でも200万円台の高校もございますので、一概に公立高校だから安いというわけではございません。

公立高校の特徴をしっかり把握して、留学先として適しているかをご検討いただければと思います。

PAGE TOP

私立高校留学

アメリカには何千もの私立高校が存在し、公立高校と比較しても比較的リーズナブルな費用で留学できる学校もあります。最もリーズナブルな私立高校の費用で初年度約250万円程度より選択肢がありますので、アメリカの高校留学は高いというイメージをお持ちの方はぜひ今一度ご検討下さい。

PAGE TOP

ボーディング留学

アメリカ高校留学の中で最も費用が高いのは、寮制のボーディングスクールとなります。歴史と伝統のある名門校が多く、500万円~700万円程度が一般的な相場となっています。ただ、人気のある東海岸などをはずし、地方の州を選択すると比較的リーズナブルに留学ができる学校もあります。年間400万円程度が最も安い費用帯とお考え下さい。

留学を実現する上でコスト管理は非常に重要となりますが、生徒の能力、適正、将来の目標など学校選びには重要なポイントがたくさんありますので、担当カウンセラーとしっかりと相談の上、慎重な学校選びをして頂ければと思います。

PAGE TOP