アメリカ高校留学の用語集|アメリカ高校留学World

アメリカ高校留学

アメリカへの交換留学や正規卒業留学など高校留学プログラムを各種案内

アメリカ高校留学用語集

I-20(あいとぅえんてぃ)

アメリカ国内の正規の学校法人から留学生に交付される、『入学・在学資格証明書』ともとれる、たいへん重要な書類です。学生ビザ(F-1)を申請する際に、まず始めに取得しなければならないものであり、アメリカに入国後もI-20の効果を維持し続けないと、学生ビザの効力が失われてしまうという、留学生にとってはパスポートの次に大切な書類。

アプリケーション(あぷりけーしょん)

入学願書のこと

ESL(いーえすえる)

ESLとは、English as Second Languageの省略で、英語を母国語としない人のための英語クラスのことを指す。国により呼び方に違いがあり、ESOLやELLなどとも呼ばれる。

英文成績証明書(えいぶんせいせきしょうめいしょ)

日本で通学している学校で発行してもらう証明書のこと。通知表を英語に訳したもので通常はA41枚の用紙に中学校3年分や高校3年分がまとめて記載される。出欠の記録も記載される。

SSAT(えすえすえーてぃ)

アメリカの一部の優秀な高校が入学の際に義務付けている英語(国語)と数学の試験のこと。日本でもインターナショナルスクールなどで受験することができる。但し、時期が限られているので注意しよう。

ELTiS(えるてぃす)

主にアメリカの交換留学や公立高校正規留学の際に受験を義務付けられている英語力試験。リスニングパートとリーディングパートに分かれる。Form 1とForm 2の2種類があり、それぞれ265点、300点満点となっている。公式試験ではないので留学エージェントなどで実施されている。

学生ビザ(がくせいびざ)

学生ビザとはアメリカに留学目的で渡航する場合に取得が必要な許可書。アメリカはほぼ全ての人が大使館又は領事館にて面接による申請が必要となる。

交換留学(こうかんりゅうがく)

交換留学とは海外の高校で単位の取得を目的とする留学ではなく、国際交流、文化交流を目的とした1年以内の留学プログラムです。基本的には交換留学に関わる学校、ホームステイ、サポーターなどがボランティアとして実施されており、リーズナブルな費用で長期海外留学ができる。

私費留学(しひりゅうがく)

私費留学とは交換留学とは対称的に学費や滞在費など費用の全額を自己負担にて行う留学のこと。

TOEFL(とふる)

ETSという組織により開催される英語能力試験のこと。ペーパー、コンピューター、インターネットの3種類があるが、日本ではインターネットのみ受験可能。インターネットトフルは120点満点となっている。

ホームステイ(ほーむすてい)

海外の一般家庭に滞在する滞在形態のこと。一般家庭とは言え家族構成は様々で、一人暮らしの方から大家族まで様々となる。

ボーディングスクール(ぼーでぃんぐすくーる)

一般的には寮制(寄宿制)の学校のこと。ただボーディングスクールというと単に寮制の高校という意味以上に、学業面で 非常に優れた成果を残し、スポーツ、文化、礼儀、自立心、リーダーシップなど 人間としての成長に必要なあらゆる分野において最高の教育をすることを目的と している学校を指す。

PAGE TOP